• Graphic Designer, for Game Service

    ゲーム事業 グラフィックデザイナー

    年収300~500万円
     

    担当部署:事業開発部

    経験者優遇

    [ 18/12/14更新 ]

  • 新しい「体験」を創出する

    Mission

    ミニゲームやガジェットの

    グラフィック・アニメーション制作

    Job

     

    概要

    < 仕事内容 >
    PC・スマートフォン向けWeb・アプリサービス上で展開するゲームを主軸としたエンタメコンテンツ制作チームで、 ミニゲームやガジェット(ユーザーが使える簡単なツールなど) などのグラフィック・アニメーション制作を担当していただきます。

    応募資格

    < 必須経験 >

    ・グラフィックデザイン制作経験
    ・アニメーション制作経験

    < 歓迎経験 > 
    ・ゲームグラフィック、アニメーション制作経験
    ・Adobe Illustrator、Flash等ベクターデータでの制作経験
    ・AfterEffects、Premiere、Flash等での動画制作経験
    ・Webコンテンツ等の企画立案経験

    < 求める人物像 > 
    ○良いコンテンツを作る為に職種・役割を飛び越えられる方
    ○多人数参加型コンテンツの企画・制作に興味がある方
    ○制作技術や落とし込み等に興味がある方
    ┗ 例:HTML5、Flash、Unityで制作されたゲームやインタラクティブコンテンツ、他3D系や2Dアニメーションなどの技術について
    ○様々な物事に興味があってアンテナを広く張れる方
    ○向上心のある方
    ○コミュニケーション能力、協調性がある方

    待遇

    < 雇用形態 >

     正社員(中途)

     

    < 給与 >

     年収300~500万円

     ※応相談(経験・スキル・年齢による)

     

    < 諸手当 >

     交通費支給 (月5万円まで)
     または、住宅手当2万円(勤務地3.5km圏内)

     

    < 試用期間 >

     3ヶ月 (本採用時と同額)

     

    < 昇給・賞与 >

     昇給年1回(4月) 賞与年2回(7月、12月)

     

    < 福利厚生等 >

     社会保険完備(関東ITソフトウェア健康保険組合)

     ※健康保険組合の各種施設利用可


    < 勤務地 >

     東京都千代田区岩本町2-4-1

     神田岩本町プラザビル2F

     

    < 勤務時間 >

     平日10:00~19:00(実働8時間)

     

    < 休日休暇 >

     完全週休2日制(土・日)、祝日

     夏季休暇、年末年始、慶弔休暇

     有給休暇(入社半年後10日)

     時間単位年休制度あり

     特別有給休暇(入社時5日)

  • 以下よりエントリーを行ってください。
    後日、履歴書や必要な課題、面接の日付等を

    登録メール宛に連絡します。

  • エネルギー高く、大きく動ける

    制度と環境

    Work Environment

    人事制度

    キャリアプランに沿ってミッションを策定し、そのミッションに取り組んでいただきます。
    報酬は、3種類の職務給をベースに、ミッションに応じて設定されます。

     ①一般職
     ②監督職および中級専門職
     ③管理職および上級専門職
     

    エネルギー高く大きく動く為に必要な制度の運営はコーポレート本部が担当しており、ミッションに応じたきめ細かな対応が可能な体制を整えています。

    昇給と賞与

    定期昇給は、年1回(4月)実施しています。新たな分野へのプロジェクト立ち上げが行われることも多く、年度の途中でも役職への登用やランクアップの機会が頻繁にあります。賞与は、毎年7月・12月に人事考課に基づいて支給されます。人事考課においては、それぞれのミッションを踏まえて、業績への寄与、能力の伸長、取り組むエネルギー の3点を主な要素として上長や担当社員と共に査定を行っています。直近3事業年度では、業績に連動し、決算賞与(3回目の賞与)の支給を実施しています。

    環境と文化

    ORSOでは、クリエイティブな思考を生み出す環境づくりを大切にしています。関東IT健保の多種多様な福利厚生をはじめ、ユーザー体験のデザイン研究に必要なツール(adobe Creative Cloud)の個人貸与や、各種勉強会やカンファレンスへの自由参加など、「エネルギー高く、大きく動くための環境」を整え、スタッフ自らが能動的に能力を高めあえる環境を整えています。